無料相談所へ

会社設立の相談はボランティアの無料相談所へ

会社設立は初めてで、右も左も分からない。

そんな方も多くいらっしゃると思います。

そのような会社設立に関して素人の方は、どのようにしたらいいのでしょうか?

一つは、無料のボランティア相談所に相談してみることです。

会社設立を希望する方のために、手続きの仕方やかかる費用についてのアドバイスを行ってくれるボランティアの相談所がありますので、そこで受けるアドバイスをセカンドオピニオンとして活用することができます。

ただし、相談所はあくまでも相談所なので、ここで手続きを代行してくれるというわけではありません。

本当に会社設立を行うとなったら、実際のその手続きや書類の作成を誰が行うかについて決定しなければなりません。

もちろん、発起人が全て自分一人で行うこともできます。

会社設立においては手続き上専門的な知識や経験が必要ですが、その専門的知識があるのなら、自力で手続きを行うことはできます。

ただし専門的知識や経験がない場合は、士業関係者やプロの代行業者に依頼しなければなりません。

こうしたプロに設立代行を依頼すれば、手続きが全て円滑に行われて余分な時間と出費を抑えることができますし、設立から営業開始までがとても円滑になります。

受けるサービスにおいてプランの充実したものを選べば、それだけ費用は高くなりますが、しかし自力で会社設立を行う場合に比べれば、費用は安く抑えられます。

なぜなら、専門的知識のない素人が手続きや書類作成を行えば、その過程でどうしてもミスを重ねてしまうからです。

ミスがなくても手際が悪ければ時間を無駄に使ってしまいますし、ましてミスを重ねてしまえば、時間とお金の両方を余分に使ってしまうことになります。

そしてこうしたミスというのは、決して幸先のいい会社スタートを行うために貢献するものとはならないでしょう。

それどころかむしろ、いくつかの重要な決定事項においていい加減な決定を行えば、会社の利益を危うくしてしまうことにさえなりかねないのです。

こうしたことを諸々考えていくと、素人が自力で会社設立を行うのはとても危険なことであり、やはりプロに依頼して手続きを行うほうがいいといえるでしょう。

ただし、どこからどこまでをプロに依頼するか、その範囲の決定は発起人が自分で行わなければなりません。

会社設立だけを依頼するのか、もしくは設立後の事業運営に関わる部分までサポートしてもらうのか、慎重に決定しなければなりません。