お祝いメール

会社設立におけるお祝いメールの送り方

自分が取引をしている関係企業において、新会社設立を行ったところがあるかもしれません。

このような場合、取引相手としては挨拶状かお祝いメールを送りたいところです。

そうすることは決して義務ではありませんが、ビジネス上のマナーとなりますし、お祝いメールを送る機会を捉えて、自社の宣伝を行うことも可能になります。

したがって、相手方の会社設立に伴ってお祝いを行うというのは、思いのほか重要な意味を持つことになります。

では、具体的にはどのようなお祝いのメッセージを送ればいいのでしょうか?

こうしたビジネス文書の書き方が初めての場合は、その模範となる例文がいろんなところで紹介されていますので、それを参考にして作成することができます。

しかし、決まり切った言い方を繰り返したり、あまりにも型にはまった文章にしてしまうなら、それは機械的なメッセージとしか相手には受け取ってもらえません。

そうすると印象はよくありませんので、この点に注意して、できるだけ独自性を出せるように努めなければなりません。

会社設立を祝うメッセージではありますが、その祝い方の表現として、常識的な範囲において個性的な表現を盛り込むことはよいことです。

そのようにすれば、相手はオリジナルのメッセージを受け取ったと感じますし、印象を良くすることができます。

しかも、表現の独自性が強いほどこちらのことを強く印象できることができ、そのことが大きな宣伝効果を呼ぶことにもなります。

ただし、あくまでも会社設立を祝うことをメッセージの趣旨として、自社のアピールはそのついでに行ったという程度にとどめなければなりません。

なお、会社設立を祝う会社と今後も継続した取引が必要になる場合は、取引の継続を願う趣旨のメッセージを上手に盛り込んでおくこともできます。

さて、このようなお祝いメールについては、それをいつ送るかという点にも注意しなければなりません。

メッセージを送るタイミングを間違えれば、まったく効果がないどころか、かえって悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

お祝いメールを送るよいタイミングは、会社設立の案内状を受け取ってからなるべくすぐです。

なぜなら、案内状を受け取って時間がたってからお祝いをしても、祝福したい気持ちの大きさを相手に示すことはできないからです。

吉報を受け取ってからすぐにお祝いをすることによって、それを喜んでる気持ちの大きさをアピールすることができるのです。

このようなメッセージを送るタイミングにも注意しておきましょう。