会社設立に必要な規程

会社設立に必要な規程の作成と営業開始までの手続き

会社設立を簡単なものだと考えてる方もおられるかもしれませんが、実際にはそう簡単なものではありません。

会社を設立したいと考えてから営業開始に至るまでにはさまざまな手続きが必要であり、決定事項も多く、書類もたくさん作成しなければなりません。

単に会社設立といっても、実際にはいくつもの手続きが複合的に重なったようなもので、決して一日のうち行える簡単なものではありません。

今、まさに会社設立をしたいと考えてる方もおられるかもしれませんが、そういう方はこの会社設立について、どのように行うかを注意深く決めておくようにしましょう。

例えば、会社設立するためには、自力で全ての手続きを行う方法と、プロに代行してもらうという方法があります。

このどちらの方法で会社設立を行うか、それをまず決定しなければなりません。

ある人は自力で大丈夫だと考えるかもしれません。

確かに自力で会社設立することも可能ではあります。

ただし、それは十分な専門知識と経験が備わっている場合に限ったことであり、会社設立に関してまったく知識も経験もないなら、かえって自力で行うことでミスを重ねてしまうことになりかねません。

会社設立においては、役員報酬の設定、健康保険料、種々の規程の作成など、一筋縄ではいかない決定事項が数多くあります。

少しばかり規程に詳しくてもそれだけでは不十分であり、より広く深く専門的知識を有している必要があるのです。

そのような専門的知識を個人で有していないのであれば、弁護士や設立代行業者に依頼するのが無難でしょう。

下手に自力で行うと、ミスを重ねて何度も手続きをやり直さなければならない事態になることもあります。

実際にそうした事例はいくつもありますが、それによって余分な時間と出費を重ねて損をすることになれば、会社設立において良いスタートを切ることができなくなります。

一方で、プロに設立代行を依頼するときも注意が必要です。

弁護士や代行業者に依頼するとしても、さまざまな業者がいて、その実力や経験はどこも同じではありません。

これまでの実績や評判をしっかりと見極めながら、自分が設立する会社にとっても利益となるようなサポートを与えてくれる業者に依頼するようにしなければなりません。

設立代行を良い業者に依頼することができれば、その代行業者に人材確保をアドバイスしてもらったり、トラブルの対応を行ってくれたりと、質の高いアフターサービスを受けることも可能になります。

ぜひこうした点も覚えておきましょう。